メリロート効能

 

メリロート

メリロートは欧州からアジアに広く分布している多年草でマメ科の植物です。
昔からハーブとして使用され主に使用されるのは葉や花になり
そのほかにも茎や果実や種子なども使用できるハーブです

また葉や種子などは、その匂いから別名スイートクローバーいわれ
チーズやタバコの香味付けに使用されロシア特産の酒ウォッカの香味付けにも使用されています

古代から効能を知られたハーブで古代ギリシャでは炎症を抑える湿布薬として使用されていました

メリロートは手足や顔など、末端の水分による痛みの浮腫みを改善します
また湿布薬として打撲、ねんざ使用できるものです

 

 

 

欧州では消炎用医薬品として使用され日本では痔の薬としても使用されています
日本ではむくみやセルライトのサプリメントや医薬品の血栓防止薬でも使用されています

摂取する量を守っている場合は安全ですが大量に摂取した場合
軽度の肝臓障害や頭痛の危険性があります。

 

 

 

欧州諸国(EU)では医薬品のクマリン摂取量を体重1キロで0,1mgに定められています
これは体重が50キロの場合1日5mg程度になります

また抗凝血薬や同様のサプリメントと一緒に使用すると
出血を伴う可能性があり注意が必要です

 

 

 

メリロートにふくまれるクマリンにより血液の凝固を抑制して
血液の流れをよくして血液の流れをスムーズにしてくれます
またメリロートにふくまれるクマリンによりリンパの流れや
血行を促進して浮腫みの改善に役立ちます

 

またクマリンにはすぐれた抗菌効果があり細菌のふえるのを防ぐ効果や
すぐれた抗酸化作用で活性酸素をおさえ病気や老化の予防が期待できます