動脈と静脈の働きと人間は共存できる

動脈

心臓から出た血液は動脈を通じて身体のすみずみまで運ばれ組織に栄養物を与えます

そして組織から老廃物を取り込んだ血液は今度は静脈を通って心臓へ戻ります

この血液循環が上手くいかないと身体の組織に栄養物が行き渡らず

また老廃物が回収されず身体の組織が正常な働きを行うことができません

血管は動脈と静脈からできていて動脈と静脈の1つでも悪くなると身体に支障がでます

動脈の代表的な病気が動脈硬化です

動脈硬化になると動脈はもろくなり血液の通る部分が狭くなり血液が流れにくくなります

動脈がもろくなると動脈瘤になる危険があります

動脈の血液の通る部分が狭くなると血液の流れが悪くなり組織に十分な血液が行かなくなり

栄養不足になり様々な障害が出ます

脳に動脈硬化が起これば脳卒中に心臓におこれば心筋梗塞になる危険性があります

手足の動脈に動脈硬化が起これば閉塞動脈硬化症といい手や足が冷たくなったり

高度の血行障害が起これば手や足に壊死が起こることもあります

静脈の血液が心臓へ戻るのが悪くなると血液がその部分にたまり組織が

むくみを起こして正常な代謝ができないために様々な障害が起こります

静脈の流れを悪くする病気は主に2つあります

深部静脈血栓症と静脈瘤です

深部静脈血栓症は静脈の中を流れる血液が固まり血液の流れが悪くなる病気です

静脈瘤は血管が拡張してその中に血液がよどんでしまう病気です

深部静脈血栓症の90パーセントは足の静脈に起こり静脈瘤も

ほとんど足にできて静脈の病気は足に非常に多くなります

血液の働き

血液の働き

体重の約8パーセントは血液です

体重50キロの人なら約4000mlの血液が身体の中に存在することになります

心臓は1分間に約4200mlの血液を身体のいろいろな場所に送り出しています

脈拍が1分間に70回の人では1回の心臓の1回の心臓の白銅で60mlの血液を送り出します

血液は液体成分である血漿と固形成分である

血球から構成されそれぞれ身体の中で次のような働きをします

組織に酸素を与え炭酸ガスを回収する赤血球

動脈の血液は身体の組織に行き酸素をわたして不要になった炭酸ガスを回収して心臓に戻ります

心臓に戻った血液は肺動脈から肺に行きそこで再び十分な酸素を取り込みます

血液の中で酸素や炭酸ガスを運搬する役目をもっているのは赤血球です

赤血球の中にはヘモグロビンが含まれており酸素や炭酸ガスはこのヘモグロビンについて運搬されています

貧血にはいろいろな種類がありますが最も多い鉄欠乏性貧血は鉄不足のために

このヘモグロビンが十分に生産されずおこる貧血です

また赤血球の合成にはビタミンB12とビタミンの1種の葉酸が必要です

鉄とビタミンB12はともに胃から吸収され手術で胃を切り取った後は

しばしば鉄やビタミンB12の欠乏した貧血が起こります

ビタミンB12の欠乏した貧血は悪性貧血と呼ばれます

栄養物と老廃物を運搬する血漿

身体の各組織の代謝にはたんぱく質、糖、脂肪、ミネラルなどの栄養物が必要です

血液の中の液体成分である血漿は栄養物を各組織に運搬して肝臓などで分解されて生じた

老廃物を運搬する重要な役割をもっています

有害物質の侵入を防ぐ白血球

血球のなかでも白血球は外からの敵を防ぐ大きな役割があります

白血球は顆粒球、単球、リンパ球に分けられますが顆粒球や単球は外から侵入する細菌と戦います

膿は細菌と戦って死んだ白血球の死骸です

白血球の1種であるリンパ球は免疫の際に重要な働きをする抗体の産生に大きく関与しています

熱を運搬する

体温は身体の中で営まれる代謝物質により乗じた熱により維持されています

この熱も血液により全身に運搬されます

ホルモンを運搬する

ホルモンは脳、甲状腺、副腎などにある内分泌器官により産生され

身体のいろいろな場所に運ばれ身体の代謝活動を調節してホルモンも血液により運搬されます

血液を固める血小板凝固因子

出血しても小さな出血は自然と止まります血液が固まるときには血小板と血漿中の凝固因子が活動します

立ち仕事のむくみと静脈瘤予防 

立ち仕事のむくみと静脈瘤予防

むくみと静脈瘤

年齢とともに血液やリンパ液など体液の循環が悪くなりますが更年期以降では

これに自律神経の働きの乱れが加わるため体液がたまり体がむくみやすい状態になります

顔がむくんだり、脚がむくんだ感じになったり症状はさまざまですが

立ち仕事、睡眠不足、過労などでむくみやすくなります

ただしむくんでも横になれば治る翌朝には解消される場合は生理的なものなので心配ありません

しかしむくんだ状態が長く持続する状態やすねの骨の上を指で押すとへこむ

指のあとが残ってなかなか元に戻らない尿の出が悪い尿量が少ないなどの症状がある場合は

心臓病や腎臓病などが疑われるので病院で検査を受けましょう

 

血液のたまりと静脈瘤

静脈の一部が盛り上がり瘤のようにふくれるのを静脈瘤といいます

血液の循環が悪くなるのが原因で主に脚のふくらはぎにあらわれます

血液は体ののすみずみに酸素や栄養を運んでから全身に張り巡られた静脈を通過して心臓に戻ります

静脈には各箇所に弁が存在して血液の逆流を防いでいますがこの弁が故障したり

働きが悪いと血液が逆流して脚の皮膚のすぐ上を走っている静脈にたまりふくれ上がります

静脈瘤は見た目の悪さだけでなく瘤ができた部分に痛みを感じたり下肢がだるくなったり

ひんぱんに脚がつるなどの症状がでてきます

またかゆみもあるので掻きすぎて皮膚炎を起こし皮膚炎による湿疹が潰瘍に移行することがあります

静脈瘤は長時間立ち仕事をする職業の人に多く発生します

立っているとたまった血液の圧力が静脈壁にかかって静脈瘤を引き起こします

生まれつき静脈壁が弱い人なども血管が拡張しやすく静脈瘤ができやすくなります

静脈瘤治療

軽いむくみはマッサージや軽い体操をして抹消から心臓に向かって血液の循環を促すと解消します

静脈瘤ができた場合は放置すると症状が進み湿疹や潰瘍疼痛を起こしたりするので

早めに病院で受診することが大事です

静脈瘤に潰瘍を起こしたり痛みが激しいときには瘤ができている部分の

静脈を部分的に抜き取る手術が行われます

静脈は部分的切除しても自然にバイパスができたり他の静脈が代わって働くので心配ありません

血液の循環よくして適度な運動やマッサージで血行を良くして

マッサージは脚をつま先からふとももにかけて下から上へとやさしくします

脚を高くして休む

立ち仕事をする人は休憩時間には椅子などに脚をのせて脚を高くすると効果的です

寝るときも脚の下に座布団などをあてるとよいでしょう

生活習慣

水分のとりすぎ、深酒、冷え、睡眠不足、疲労、きつい下着をつけるなどもむくみの原因になります

静脈瘤予防グッズ

朝から脚がむくむ静脈瘤がくっきりと浮き出るときは医療用の弾性ストッキングをはくと症状が軽くなります

市販のものもありますが症状にあった強さのものを使用することが大事です