水分取りすぎ むくみ原因

冷たい水

水は代表的な陰性食品ですが
冷たい水を大量に飲むと当然体は冷えてしまいます

漢方医学でいう水毒になってさまざまな病気の原因になります

人間の体は冷えると余分な水分を体外に出し体を温めようとします

鼻水、涙、尿、下痢、嘔吐などは

体が温めようとして体外に出す余分な水分です

漢方では、痛みは冷えと水からくると考え

症状を改善する薬を使用します

一般的な風邪薬として知られている葛根湯は

くずの根や生姜を始め体を温める生薬からできていて

風邪だけでなく、頭痛や肩こりにも効果があります

人間は飲食を通じて一日2リットル以上の水分を摂るといわれています

しかし、それだけの水分を摂取しても、冷暖房の効いた部屋で

じっとしていて歩くこともなく、お風呂に浸かることもなく過ごせば

水分は体内から出て行くことができず、たまってしまいます

これが冷え性や下半身太りの原因になります

体は冷えると体内の代謝反応は抑制されます

そうすると、血液中に老廃物が残り血液はドロドロになってしまいます

逆に血栓症を起こす危険性が高くなります

血液をサラサラにするには水を飲むのではなく

まず血液の汚れを取り除き循環を良くすることが大事です

そのためにバランスの良い食事や生姜など体を温める食品をとり

適度に体を動かすことが大事です

ほてりや大量の汗は冷えが原因

ほてりや大量の汗は冷えが原因

体が想定している運動量を下回れば筋肉量が減少してしまいます

筋肉は体を動かすだけでなく体熱を作るという重要な働きを持ち

筋肉量の減少は筋ポンプ作用も弱くなり熱を作る力の減少にもつながり

浮腫みや冷えの原因になります

いつも手足がほてっていて汗もかくのに

お腹をさわると、なんとなく冷たいという人は間違いなく冷え性です

手足のほてりは、体が熱を保持できず体の表面に逃がしている症状であり冷え性のひとつです

とくに女性の中には足がほてって辛い足が熱くなって眠れないという人がいますが

こういった症状もほとんどの場合冷え性が原因です

少し体を動かしただけで、汗が噴出す人や食事のたびに汗がダラダラ出る人は

自分を熱がりだと思っているかもしれませんが必ずしもそうとはいえません

体は冷えをもたらす余分な水分を捨てようとして大量の汗をかいているのです

冷えを引き起こすような生活習慣を続けていると知らず知らずのうちに体の変調をきたし

自分から病気になりやすい体を作ることになります

ダイエットしても下半身がやせないのはなぜ

ダイエットしても下半身がやせないのはなぜ

下半身太りが気になるダイエットしても痩せるのは上半身ばかり

こんな悩みをもっている女性は多いと思います

下半身を中心に太ってしまうのは

血液の流れが悪くなり体が冷えているのが原因です

体が冷えると新陳代謝が悪くなり老廃物がどんどんたまります

体に余分な水分をため込んでいれば体内で水分が溜まり浮腫みの状態になります

水を入れたビニール袋をつるすと下側が膨れるのと

同じように体にたまり過ぎた水分は

下半身に集まり足が冷える冷え性や浮腫みの原因になります

冷えて血行が悪くなると老廃物を排出する力が弱まり水分や脂肪が蓄積して

さらに代謝が悪くなるという悪循環を引き起こします

1 朝食を食べる

2 生野菜のサラダをたくさん食べる

3 フルーツをたくさん食べる

4 パン、コーヒーの食事を食べる

5 ミネラルウォーターを一日2リットル飲む

これらの行為はすべて体を冷やす食習慣です

朝、体が目覚めていないときに、たくさんの食べ物を食べると

消化器官に負担がかかり、血液がほかの部位に十分に回らなくなり冷えが生じます

生野菜、フルーツ、パン、コーヒーはすべて体を冷やす食品です

また飲みたくも無い水を大量に飲めば

体が冷えて代謝が悪くなり、老廃物や水分が蓄積してしまいます

フルーツ

フィトケミカル

5大栄養素である、炭水化物、脂質、たんぱく質、ミネラル以外に
人間の体を活性化する成分にファイトケミカルというものがあります

フィトケミカルは野菜の辛味成分や苦味成分
香り、アクなどに含まれていて

代表的なものに、しょうがに含まれるショウガオール
人参、とまと、かぼちゃなどに含まれるカロテン

そばに含まれるルチン、ブルーベリに含まれるアントシアニン
ねぎやにんにくの香りのイオウ化合物があります

これらは、900種類以上あり1皿の分の野菜に100以上の
フィトケミカルが含まれています

これらの成分が体に入ると細胞を傷つける活性酸素を除去したり
強い抗酸化作用を発揮して、生活習慣病や老化防ぐ働きをします

フィトケミカルのもつ抗酸化作用は非常に強く
強い抗酸化作用のあるビタミンCビタミンEと同様の効果があります

これらの有効成分の多くは水に溶けやすく
体内に入ると速やかに吸収され、とってから30分ぐらいで
効果を発揮しますが即効性があるかわり
効果は長時間持続しません

そのため継続的に摂取することが重要です

陽性の体質で高血圧、顔色赤黒い人が
生野菜や酢の物などの水っぽい青色の食品をとると
体の熱がとれて体調が良くなってきます

自分の体に足りないものを食べ物から補うことで
食品の性質を取り入れ健康状態が良くなってきます

しかし、食品のとり方を間違えると
良くない方向に働くことがあります

陰性体質で肥満に悩む人の中にはフルーツ、冷たい飲み物
葉野菜のサラダ、精白小麦粉で作ったパンやケーキを
多く食べている人がいます

こういった食品を食べ続けると、ますます陰が強くなり
太ってしまいます

このような肥満を解消するには、ごぼう、にんじん、レンコンなど
硬い色の濃い食品を食べることが大事です

漢方では体を温める食品を陽性食品
体を冷やす食品を陰性食品として分類しています

食べ物と体質の関係は非常に密接で、体が冷えている人が
陽性食品をとる事で陰陽の中間に位置する
理想的なバランスの間性に体質をかえることができます

栄養学では食べ物を燃焼して体温を上げる
熱量をカロリーとして考え、体を温める、冷やすといった考えはありませんが

スイカを食べて暑さをしのいだり、味噌汁を飲んで温まったりといった
経験はだれでもしていると思います

陽性食品

体を温める陽性食品は、硬く、赤、黒、橙色をしています

陽性食品

ごぼう、にんじん、れんこん、やまいも、ねぎ、たまねぎ
にら、にんにく、しょうが、朝鮮にんじん、黒砂糖
塩、みそ、しょうゆ、チーズ、梅干、たくあん
玉子、肉、魚介、佃煮、塩鮭、紅茶、日本酒

間性食品

間性食品

玄米、黒パン、そば、あわ、ひえ、大豆
小豆、納豆、こんにゃく、かぼちゃ、さといも
いちご、りんご、ぶどう、さくらんぼ、ごま

陰性食品

体を冷やす陰性食品は、柔らかく、青、白、緑色をしています

陰性食品

柿、キウイ、スイカ、梨、バナナ、とまと、みかん、メロン、ゆず、レモン
カレー、マヨネーズ、植物油、白砂糖
ビール、コーヒー、緑茶、牛乳、清涼飲料
うどん、白パン、ケーキ、菓子

また産地や塩分の量でも区別ができます

南方産の作物は体を冷やし北方産の作物は体を温めます
塩分を含むものも体を温めます

カレー、トマト、コーヒーは濃い色をしていますが陰性です
カレーはインド、トマトは南米、コーヒーはエチオピア
色よりも産地の性質に反映されています

米の場合、玄米は間性ですが、白米は陰性に近くなります
寒い地方でとれた米は暖かい地方でとれた米よりも
陽性の性質をもっています

陰性の食品でも加熱したり塩分を加えることで陽性にすることができます
緑色で水っぽいキュウリは、そのままでは陰性ですが
塩でもんだり、味噌漬けにすることで陽性の食品になります

陰性食品のトマトやスイカに塩をつけて食べるのも
陰性の性質をやわらげる工夫です

むくみと下半身太り

ダイエットのためには低体温を治すことが必要

ダイエットのためには低体温を治すことが必要

体温が1度下がると基礎代謝は約12%下がります

体重が50キロの人の体温が1℃下がると

同じ食事の内容、運動で過ごしても

長い間に体重が56キロに増えてしまう計算になります

基礎代謝が下がる理由は体を冷やす陰性食品の摂りすぎや筋力の低下です

食事の内容に気をつけ体を冷やさないようにすること

運動をして筋肉量を増やすこと

筋肉は人体の熱生産の約40%を作っているので

筋肉量の増加は基礎代謝の増加に直結します

しかし人間の体は18歳筋肉量がピークになり

何もしなければ筋肉量が減り基礎代謝が下がります

日頃から筋トレなどで体を鍛えておくことが大事です

特に下半身の筋肉を鍛えましょう

生姜で体温を上げて体の余分な水分を出す

効率よく脂肪燃焼ができる体を作るためには

継続的な運動と体を温める作用のある生姜の摂取が有効です

普段から生姜紅茶を飲む

料理に生姜を使う

陽性食品を食べる

日常的に摂取したり食べることにより次第に体温が高くなってきます

体温が高くなれば基礎代謝も上昇し

同じカロリーを摂取しても太りにくくなります

また生姜は冷えによって体にたまった水分を排出する効果があるので

むくみやすい人、水太りに悩んでいる人に効果があります

血液

血液の汚れ

血液が汚れると、血行が悪くなり冷えが促進されます

また、このような状況で大量の水を飲めば内臓の働きが低下して

ますます状態が悪くなり、仕事や勉強などで

精神的なストレスが、かかれば免疫の低下や抑うつ感などが

増加する可能性があります

血液の汚れを取るためには体を温める陽性食品を積極的に摂るようにして

肉、乳製品といった高脂肪食を控え食事を腹八分目にすることが大事です

血液の汚れはスタイルが悪いとか足がむくむといった

レベルの話だけではなくて状態がひどくなると

動脈硬化や高血圧など生活習慣病や重い病気になる可能性が高くなります

湿疹、じんましんといった発疹は悪いものを皮膚から非出しようとする

働きによっておこり、炎症は、ばい菌の力を借りて

血液の老廃物を燃焼しようとする働きによっておこります

それでもなお血液中に汚れがある場合は

血管の内側が沈着し動脈硬化が起こり

さらに症状が進むと血管内の汚れが固まって血栓ができます

こういった症状を薬や手術で一時的に抑えても血液は綺麗にはなりません

その結果、体は汚れた血液1ヶ所に集め出血させることで

浄化しようとしますがそれがガンです

こういった病気のリスクを遠ざけるために体を温める食事をとり

運動に気をつけて血液をきれいに保つことが大事です

しょうが

昔から知られていたしょうがの薬効

日本現存最古の医学書である医心方には
平安時代の貴族たちがしょうがの薬効を認め
風邪薬として飲んでいた記録が残っています

2000年前に書かれた漢方医学の原典「傷寒論」には
しょうがは体を温め、すべての臓器の働きを活性化させる

体内の水毒を取り除きガスを排出し消化を助ける

心窩部(みぞおち部分)の膨満を防ぐのに役立つと書かれています

現代では医師が処方する漢方薬のうち、約7割は生姜が使用されています

日本薬局方

日本薬局方は、薬事法第41条により、医薬品の性状及び品質の
適正を図るため、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の
意見を聴いて定めた医薬品の規格基準書

日本薬局方には、しょうがを摂取による
副作用の記載はありません

薬品、食品のしょうがとも副作用に関する研究報告はありません

米国のFDAでは、しょうがはGRAS(一般的に安全)に当たるハーブ
に分類されています

体を温める

ジンゲロ-ルなどの血行促進作用により
体が温まり、冷えが軽減される

免疫力を上げる

白血球の数の増強、働きの促進により免疫力があがる

発汗、去痰

血管を拡張して血行をよくし、体内のさまざまな管や腺組織を刺激して
発汗や去痰を促す

血液凝固の抑制作用

デンマークにあるオーゼンセ大学のスリワスタワ博士によると
血小板の粘り気を抑えて血栓を防ぎ、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧を予防、改善

めまい

内耳の血行をよくして、めまい、耳鳴りを防ぐ働きを持つ

強心作用

心筋を刺激することで心筋の収縮力を高めて
脈拍をゆっくり低下させる作用がある

せき止め

去痰を促し、脳内の中枢に作用してせきを鎮める

消炎作用

オーゼンセ大学のスリワスタワ博士によると
一日3~10グラムのショウガの乾燥粉末を投与することで
リウマチや関節炎に効果があったといいます

同等の効果があるアスピリンやインドメタシンなどの消炎、鎮痛剤は
胃炎や胃潰瘍を起こす可能性があります

生姜には胃壁を守る働きがあるので安心して使用できます

解熱作用

アスピリンの80パーセント程度の解熱効果があります
ナポリ大学のNマスコーロ博士によると
生姜の薬効成分がプロスタグランジンという
ホルモン物質の生成をおさえることで
解熱をうながすそうです

消化吸収能力の向上

胃腸の内壁の血液循環をよくして胃腸の働きを促進し
消化吸収を高める
また胆汁の分泌をよくし、ビタミン、ミネラルの活性を促す
抗生物質の働きを高め駆虫作用にも優れている

生殖機能の改善

ショウガの血行促進作用が女性の生理不順を改善し
不妊症に効果を発揮する
男性の精子の運動率をたかめる

抗潰瘍作用

複数の抗潰瘍成分を持ち、胃潰瘍の原因菌である
ヘリコバクターピロリ菌、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌など
食中毒菌の殺菌作用があります

吐き気を抑える

アメリカのアラバマ大学は、1987年ショウガは
船酔い、つわり、抗がん剤による吐き気に対して
効果を示すという研究結果を発表しました

また、ロンドンのセントバーソロミュー病院は
手術後に麻酔からさめた患者の激しい吐き気に対して
鎮吐剤よりショウガを飲ませたほうが効果があると発表しました
これはショウガの辛味成分ジンゲロンの効能です

酸化防腐作用

炎症、がん、アレルギー、自己免疫疾患などのほか
老化も体内の活性酸素が関与していますが
ショウガはこれらを除去する作用が期待できるので
老化予防、改善に役立つ可能が高いです

抗菌、抗ウイルス、抗菌、抗寄生虫作用

風邪のウイルスや気管支炎、肺炎などをおこす細菌類
カンジタ菌や水虫などの真菌に対して抗菌作用を持つ
また、回虫、フィラリアなどの寄生虫を駆逐する作用を持ちます
魚の寄生虫で体内に入ると激しい腹痛発作を起こす
アニサキスにも効果があります

血中コレステロールの低下作用

京都大学の山原條二博士は1985年
ジンゲロールの胆汁分泌促進作用により
コレステロールが低下すると研究発表しました

脳の血流を良くして、うつを改善

漢方医学ではショウガは、うつ気分を改善する作用があるとされています
気の病気の特効薬とされる、半夏厚朴湯の構成成分としても使用されます

解毒促進、体内浄化

体内に毒素やエネルギーが過剰に蓄積している場合
ショウガを飲むことで血液の循環が良くなり
細胞が活性化します
発汗、排尿、排便を促し体内の浄化をします

ショウガ研究の第一人者のである
デンマークにあるオーゼンセ大学のスリワスタワ博士や
イスラエルのベーコン博士によるとショウガの
一日の摂取の目安はパウダーの場合1gとされています

スリワスタワ博士によると、関節炎の患者が誤ってショウガパウダーを
1回3gから4g摂ったところ痛みが軽減したっという報告があります

また心筋梗塞や脳梗塞の予防のために、1日2gの摂取が効果的です