メリロート効能

 

メリロート

メリロートは欧州からアジアに広く分布している多年草でマメ科の植物です。
昔からハーブとして使用され主に使用されるのは葉や花になり
そのほかにも茎や果実や種子なども使用できるハーブです

また葉や種子などは、その匂いから別名スイートクローバーいわれ
チーズやタバコの香味付けに使用されロシア特産の酒ウォッカの香味付けにも使用されています

古代から効能を知られたハーブで古代ギリシャでは炎症を抑える湿布薬として使用されていました

メリロートは手足や顔など、末端の水分による痛みの浮腫みを改善します
また湿布薬として打撲、ねんざ使用できるものです

 

 

 

欧州では消炎用医薬品として使用され日本では痔の薬としても使用されています
日本ではむくみやセルライトのサプリメントや医薬品の血栓防止薬でも使用されています

摂取する量を守っている場合は安全ですが大量に摂取した場合
軽度の肝臓障害や頭痛の危険性があります。

 

 

 

欧州諸国(EU)では医薬品のクマリン摂取量を体重1キロで0,1mgに定められています
これは体重が50キロの場合1日5mg程度になります

また抗凝血薬や同様のサプリメントと一緒に使用すると
出血を伴う可能性があり注意が必要です

 

 

 

メリロートにふくまれるクマリンにより血液の凝固を抑制して
血液の流れをよくして血液の流れをスムーズにしてくれます
またメリロートにふくまれるクマリンによりリンパの流れや
血行を促進して浮腫みの改善に役立ちます

 

またクマリンにはすぐれた抗菌効果があり細菌のふえるのを防ぐ効果や
すぐれた抗酸化作用で活性酸素をおさえ病気や老化の予防が期待できます

すいか効能

 

 

スイカ効能

スイカはウリ科の植物で、200種以上もの品種に分かれます
スイカの90%以上が水分ですが、カリウム、ミネラル
ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンCも含んでいます。

体の中の余分な塩分を外に出すカリウムを多く含み
さらにシトルリンとアルギニンなどのアミノ酸も含むので
利尿作用があるのでやむくみの改善が期待できます。

スイカの種には、たんぱく質と脂肪が多く
ビタミンB群、ビタミンEも含んでいます
種子の脂肪リノール酸が多く含まれ血液の流れをよくしてくれます
また、スイカの皮にも同じような効能があります。

スイカ効能

 

スイカの果肉には豊富なカリウムが含まれます
カリウムには体の余分な塩分を外に出す利尿作用があり
むくみなどの緩和が期待できます

また、すいかにはシトルリンが含まれ
スイカを食べることで腎機能の改善
膀胱炎や腎炎、ネフローゼ症候群といった
腎臓病の予防に効果があります。

ネフローゼ症候群(尿中にたんぱく質が大量に出る腎臓の病気です)

看護師

 

浮腫みを採ってくれるので高血圧の方や
心臓や腎臓や妊娠中の方が食べるのは効果的です。
スイカの実にはトマトの有効成分リコピンも含んでいます

スイカには100g中に120mgの豊富なカリウムが含まれているので
むくみの改善には効果的な食べ物です
その他スイカにはシトルリンとアルギニンの効能で
腎臓の機能を向上させ、尿の出を良くし
余分な水分を外に出してくれます。

冷え性を改善
美肌
疲労回復
動脈硬化を予防

カリウムサプリメントランキング

スルスルむくみんジョイフルライフ

通常価格:3350円
初回価格:990円
通常送料無料
70%OFF
スルスルむくみん 

きゅきゅっと小町イッティ


通常価格:4980円
価格:980円
通常送料無料
80%OFF
きゅきゅっと小町

メグリスリコピンプラスECスタジオ


通常価格:4000円
価格:990円
通常送料無料
4種の「巡る」ハーブエキス配合【メグリスリコピンプラス】

医師

今の生活環境では加工食品や外食などにより
塩分を摂り過ぎる傾向があります
このような食生活の乱れにより
カリウムの摂取を意識しなくてはいけません

体の中のカリウムは腎臓の働きで汗や尿として排出されます
カリウムが排出される時に同量の塩分も排出されるので
正しい食生活をしていれば
塩分の量がふえてもあまり問題にはなりません。

加工食品

 

加工食品などを毎日のように
食べていると塩分の摂取量が多くなったり
アルコールの飲み過ぎなどにより
カリウムの不足が体内でおきると
高血圧などの病気になる確率が高まります。

ビール

 

体内に吸収されたカリウムは一定の濃度を保つために
同量が尿や汗などで体の外に排出されます

70パーセントから90パーセントが尿として排出され
残りの10パーセントから30パーセンは便や汗として排出されます

お茶やコーヒー、たばこ、下痢気味の人
汗をかきの人はカリウム不足に気をつける必要があります。

血液中の塩分が増加することにより細胞から水分が出て血液が薄まり
それが原因となり血液量が増え
血液を送り出す強い力が必要となるので高血圧となってしまいます。

カリウムを必要量とることにより塩分をの外に排出し
高血圧になる危険を軽減する効果があります。

看護師

 

カリウムの摂取量

目安 成人男姓で2500mg、成人女性で2000mg

ナトリウムは、細胞の外側に、ほとんどが存在し
ナトリウムとカリウムの濃度は一定のバランスで保たれています
バランスを保つために体内には
ナトリウムカリウムポンプが、細胞膜に存在します

塩分の取りすぎやカリウムの不足などで
カリウムとナトリウムのバランスがうまく行かなくなると
細胞内のナトリウムの濃度をさげるために水分を取り入れます。

血管の細胞でこのような現象がおきると
血管壁が水分で膨れるため
血圧が高くなり顔では組織液やリンパ液が薄められ

足や顔などのむくみとなって現れます
このため、カリウムを摂取することにより
むくみの改善につながります。

生活習慣病というのは一体どんな病気なのかというと
日々の生活で良くない生活の習慣を積み重ねていった結果
それが原因になって生活習慣病は起きてしまうといわれています。

現在日本国民の全体の3分の2の人が生活習慣病で
死亡しているというデーターもありますから
生活習慣病の予防には徹底した注意した方が良いと思います。

生活習慣病といっても数多くと種類があり
糖尿病、脳卒中、心臓病に高脂血症も高血圧や肥満も生活習慣病になります

生活習慣病は重大な病気になり死に至ることもありますから
毎日の生活や日々の食事などから予防して生活習慣病にならないために数多くの工夫をしておく必要があります。

睡眠不足が続いたり、食事が偏ったものばかりを食べて人の場合には、
ビタミンやミネラルやたんぱく質の不足や塩分の取りすぎ砂糖の取りすぎなどで
体調不良が重なり生活習慣病になりやすいといわれていますから
生活習慣病にならないためにも、規則正しい生活と食事に気を使い
十分に気をつける必要があります。

高血圧は収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90以上状態が
高血圧だといわれています
血圧がほんの少し高いくらいでは、ほぼ自覚症状はありませんが

高血圧状態を長い間放置すると血管の柔軟性がなくなり
動脈硬化や脳卒中などの脳血管疾患や
心臓病、腎疾患などの重大な病気の原因になります

血圧を上げる主な原因は加工食品や外食などでの塩分のとりすぎにあります

また食品に含まれる添加物により
体に必要なミネラルやビタミンなどが失われます
大事なのは食事の栄養のバランスを考えて食べることです

動物性脂肪の食品や肉類、お酒などをなるべく食べないことが大事です
動物性脂肪の食品などには大量の添加物や塩分が含まれています

またこのような食品を食べることにより血液が汚れコレステロールなどが溜まり
様々な病気や日々の体調不良につながります

またベトナム戦争や湾岸戦争などで戦死した
若いアメリカ人兵士の司法解剖による調査では血管に
コレステロールなどがたまり動脈などが痛んでいたと調査結果がでています

揚げ物を食べない特にトランス脂肪酸の食品などマーガリンやショートニング
マクドナルド、吉野家などでの外食などは特によくありません

トランス脂肪酸は毒性が強く
危険で心臓疾患や動脈硬化、高血圧などの原因になります

食事にはビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む和食が良いでしょう
豆腐、麦飯、青魚、野菜、海草、果物などを食べましょう

また海草、野菜、フルーツなどに含まれるまれるカリウムは
余分なナトリウムを体外に排泄して血圧を下げるのに効果があります。

カリウムは細胞内の浸透圧を一定に保つ働きや腎臓の老廃物を排出を促進して
副腎のホルモンの生成にもかかわります

カリウムはストレスに弱くストレスが溜まると尿とともに体外に排出されやすく
また汗をかくと排出されビールなど利尿作用のあるものを飲むと排出され

特に夏などは汗とともに流出して
夏バテの原因になり不足しないように補うことが大事です

また一般的にカリウムが不足すると
疲労しやすく脱力感や肩こりや腰痛の原因にもなります