立ち仕事のむくみと静脈瘤予防 

立ち仕事のむくみと静脈瘤予防

むくみと静脈瘤

年齢とともに血液やリンパ液など体液の循環が悪くなりますが更年期以降では

これに自律神経の働きの乱れが加わるため体液がたまり体がむくみやすい状態になります

顔がむくんだり、脚がむくんだ感じになったり症状はさまざまですが

立ち仕事、睡眠不足、過労などでむくみやすくなります

ただしむくんでも横になれば治る翌朝には解消される場合は生理的なものなので心配ありません

しかしむくんだ状態が長く持続する状態やすねの骨の上を指で押すとへこむ

指のあとが残ってなかなか元に戻らない尿の出が悪い尿量が少ないなどの症状がある場合は

心臓病や腎臓病などが疑われるので病院で検査を受けましょう

 

血液のたまりと静脈瘤

静脈の一部が盛り上がり瘤のようにふくれるのを静脈瘤といいます

血液の循環が悪くなるのが原因で主に脚のふくらはぎにあらわれます

血液は体ののすみずみに酸素や栄養を運んでから全身に張り巡られた静脈を通過して心臓に戻ります

静脈には各箇所に弁が存在して血液の逆流を防いでいますがこの弁が故障したり

働きが悪いと血液が逆流して脚の皮膚のすぐ上を走っている静脈にたまりふくれ上がります

静脈瘤は見た目の悪さだけでなく瘤ができた部分に痛みを感じたり下肢がだるくなったり

ひんぱんに脚がつるなどの症状がでてきます

またかゆみもあるので掻きすぎて皮膚炎を起こし皮膚炎による湿疹が潰瘍に移行することがあります

静脈瘤は長時間立ち仕事をする職業の人に多く発生します

立っているとたまった血液の圧力が静脈壁にかかって静脈瘤を引き起こします

生まれつき静脈壁が弱い人なども血管が拡張しやすく静脈瘤ができやすくなります

静脈瘤治療

軽いむくみはマッサージや軽い体操をして抹消から心臓に向かって血液の循環を促すと解消します

静脈瘤ができた場合は放置すると症状が進み湿疹や潰瘍疼痛を起こしたりするので

早めに病院で受診することが大事です

静脈瘤に潰瘍を起こしたり痛みが激しいときには瘤ができている部分の

静脈を部分的に抜き取る手術が行われます

静脈は部分的切除しても自然にバイパスができたり他の静脈が代わって働くので心配ありません

血液の循環よくして適度な運動やマッサージで血行を良くして

マッサージは脚をつま先からふとももにかけて下から上へとやさしくします

脚を高くして休む

立ち仕事をする人は休憩時間には椅子などに脚をのせて脚を高くすると効果的です

寝るときも脚の下に座布団などをあてるとよいでしょう

生活習慣

水分のとりすぎ、深酒、冷え、睡眠不足、疲労、きつい下着をつけるなどもむくみの原因になります

静脈瘤予防グッズ

朝から脚がむくむ静脈瘤がくっきりと浮き出るときは医療用の弾性ストッキングをはくと症状が軽くなります

市販のものもありますが症状にあった強さのものを使用することが大事です

むくみの原因

 

医師

血液は全身を回って心臓に戻りますが心臓から遠い位置にあるので
足は重力の関係で血液が溜まりやすく血液は筋肉のポンプ運動で心臓へ戻ります。

 

女性は生理前や妊娠、更年期などホルモンのバランスが乱れるので自律神経の働きが悪くなり
血行障害などからむくみの症状が現れやすくなります

 

その他、PMS(月経前症候群)などにより
月経前浮腫など月経の前に起こり、月経が始まると治まるむくみなどがあります

 

一般的には女性は筋肉量が少ないために血行が悪くなり、むくみがおき易い人もいるといわれますが
現代人は塩分を過剰に摂取しているので腎臓の機能が悪くなり体に塩分が溜まり
最初にむくみなどの症状があらわれ腎臓病になる人が大勢います

 

日本では現在1000万以上の腎臓病の人がいるので塩分の過剰摂取は危険で
むくみなどの症状が頻繁に起きる場合は腎臓病になる危険性が高くなります

 

仕事などで立ち仕事をしていたり長時間同じ姿勢を続けていたりして
足がむくむのは重力の関係で血液が下に集まるためにおこる現象で健康な人でも
頻繁に起こることなので心配はありませんが

 

24時間むくみの症状などが治まらず3日も続く場合や尿の出が悪い疲れやすいなど
このような症状がある場合はネフローゼ症候群など腎臓の病気の
可能性があるので病院に行くことをお勧めします

 

腎臓が悪いかどうか心配な人はウロペーパーというたんぱく尿を調べることができる
商品があるので自宅のトイレなどに置いていると良いでしょう

 

漢方医学には気・血・水という考え方があります
気・血・水とは、体の健康やバランスを保つ伝統医学の考え方です

 

この3つの気・血・水がそれぞれバランスを保ち健康を維持していますが
食べ物や生活習慣や体質など様々な原因で気・血・水のバランスが崩れると
体調不良の原因となって心や体に影響をあたえます

 

過剰な水分の摂取は腎臓が疲れ疲労の原因になります
塩分の取り過ぎや加工食品も血行を悪くして血圧を上げ腎臓が疲れてしまいます
食べ過ぎや飲み過ぎは腎臓に負担をかけ腎臓の機能低下の原因になります

 

腎臓は冷えに弱い臓器で腎臓機能の低下の原因は冷えによるものです
過剰な水分の摂取で体内に留まり様々体調不良の原因になります
女性に多い足先の冷えは腎臓を冷やし様々な病気の原因になります

 

腎臓から分泌される血圧調整ホルモンであるレニンは酵素タンパク質の1つで
血圧を上げる作用をもつアンジオテンシンⅡいわれるホルモンを作るのに必要な物質で
この働きにより腎臓は血圧を一定に保つ働きをしています

 

様々な要因で腎臓の働きが悪くなると血圧を調節する能力は低下して高血圧の原因になります
体内のレニンは血液中のナトリウム、カリウムの量、体内水分量(血圧)を調節しています

 

また赤血球の生産を促すエリスロポエチンを分泌する働きもあります
腎機能の低下は貧血の原因につながります

 

また血液は弱アルカリ性で保たれ腎臓は血液のpH(ペーハー)を一定に保つ働きがあります。